星野誠 makoto hoshino

南極や北極に行くと発症?極地病。3年付き合っているのに「はじめまして!」

2019.1.28

最近、会った人の名前や、起こった出来事が思い出せない。

一度会った人の名前が思い出せないならまだしも、

ずっと会っていた人の名前も思い出せない。さらには、起こった出来事も。

 

毎日紙の日記をつけてるから、「あっ!そんなことあったけか!」

となるけど、それを見ないと、自分が何をしていたのか思い出せない。

なぜだろう?と、ちょっとだけ考え、

すぐ勝手に自分なりに一つの結論に達していた。

「今を生きるため、思い出す必要がない?」と。

 

そんな状況だったんですが、

先日、眼鏡屋のお知り合いのお客様にこの状況をお話したら、

別の理論を教えていただきました。

そう!それは「極地病」南極や北極の極点にいくと発病する「極地病」!

お知り合いのお客様も、南極に行かれたれたあとずーと、頭がボーとして、

なんかおかしいなぁと思ったら、探検家の方からそれ「極地病だよ!」っと

言われたとのことなんです。

 

頭がボーとして、物忘れが多くなる。

というより、すべて「ケセラセラ なすがまま、気にならなくなる?」

なおこちら、南極や北極の極点にいくと、

気圧の変化で体がおかしくなるなどといわれておりますが、

冒険家の方々勝手に命名とのことですので、医学根拠はないとのことです(笑)

ただ医学的根拠はなくても、お客様と「あっ!やっぱり!」と意気投合。

自分の場合は、最近本当に一切何も覚えてないので、

「極地病」プラスで、数年前の「高山病」がまだ抜けてなく、

ダブルの症状が常に進行しているかもしれない。

 

みなさま、自分が「はじめまして!!」など、ちぐはぐなこと言っていても、

これからは「極地病」と「高山病」が抜けてない男として、

「あっこれが「極地病」と「高山病」の症状ね!」と優しく見守っていただければ幸いです!