星野誠 makoto hoshino

中国月の裏側へ。理想の核融合燃料ヘリウム3「月に囚われた男」から宇宙軍ガンダムへ?

2019.1.9

世界では3番目。月の裏側は中国が初。

月に行こう!みたいなノリとは別、

人類が月だ!月だ!と喜ぶのとは別で、

昨年宇宙の会合にいったとき、世界が月の資源を狙っているのがよくわかった。

資源争い。映画「月に囚われた男」のようだ。

中国は、それを本気で狙っている。

有人月面基地で、理想の核融合燃料ヘリウム3を発掘。

エネルギーを制したものが世界の覇者になるのは今も昔もかわらないが、

核融合燃料ヘリウム3を制したものが次の覇者になるかもしれない。

資源があるとこには軍事。

中国が宇宙ステーションも月面基地も他の国と共同開発ではなく、

独自開発を行うとかかげているとおり、中国が宇宙世紀世界の覇者に復活か?

宇宙法も隅々まで整備がされていない今、

乗り込んだもん勝ちの競争がついに始まったのかもしれない。

中国とアメリカとの半導体と宇宙の対立がますます強まりそうだ。

アメリカは地球からはるか遠くに無人探査機を送り続けていたが、

アメリカもその技術力をもって再び月へ。

から衛星兵器や、しいては宇宙軍などガンダムの世界に突入?

とにかく歴史は動いている。

NASAも民間企業手動で、月周回軌道上に有人拠点を2026年、

月面有人探査を2030年代から再開という。

どんな方向にいくかはわからないし、

人類にとって良い方向だけにいかないとしても、ワクワクする。

 

 

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –