星野誠 makoto hoshino

末っ子の「銀河」が二十歳になるまでの人生設計

2018.12.31

今年は本当にまったりとした1年で、

それはそれで大変素晴らしい日々でした。

何より2017年5月エベレスト登頂の途中6000m付近で、

ハッと降ってきた4人目の男の子の名前「銀河」。

その時は、4人目の予定なんて一切なかったけれど、

今年2018年11月、「銀河」が実際に4人目として我が家族に。

 

うちは、子供が成人になるまでに危ないことはしないという約束なので、

これからの人生設計(個人版)は、

末っ子の「銀河」が二十歳になるまではこのような感じ。

20年後に火星に行けたらいいかな。

 

20年後 60歳 2037  火星、オリンポス登頂

10年後 50歳 2027  月滞在

7年後 2024   人類初の火星 

6年後   46   2024  宇宙ステーション

3年後   43歳 2021 弾道宇宙飛行

 

すべて終わって、20年後にこのブログをみて、

ああ〜こんなこと書いてたんだなって

ほっこりしたい(笑)

うちの娘たちや息子は20年、勉強はまったくできなくてもいいし、

時に道を踏み外しても、痛い目にあってもよいので、タフに素直に育って欲しい。

今年も、なんだかんだよい1年でした。

身近のみなさま、遠くのみなさま、

そして僕らを生かしてくれてます大自然の神様、大変ありがとうございました。

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –