星野誠 makoto hoshino

引きちぎられそうな状況にいつもいたほうがいい。先人の達人には無理してでも絶対ついていこう!

2018.12.23

最近、ほとんど運動をしてない。

せめてもとして、仕事中に20kgぐらいの重りをつけて行動と、

仕事場までの自転車片道30分ぐらい、

あとは週2回、月曜と金曜の朝

トライアスロンのスイムスクールで3kmほど泳いでるぐらい。

 

今の自分の唯一のエクササイズといってもいいスイム。

そこに、めっちゃ早い水泳の先輩がいて(高校生)

もう練習メーニューのタイムも関係なく、

自分は必死で先輩についていくんだけれど、

やっぱりなんでもそうなのか、

無理してでも、ずっとやってると、だんたんとレベルが上がってくる。

ようは、ずっとガムシャラについていっていただけが、

一人でも同じタイムで泳げるようになったりと。

 

だから、やっぱり思う。

人生すべて、ビジネスでもスポーツでも、

最下位でもなんでもトップ集団と一緒に、何かやってないとダメだ。

そのトップ集団では常に最下位でも絶対そのほうがいい。

エベレストに挑戦しているときは、最強の人が多すぎて、

自分は本当にちっぽけだったけど、戻ってふと自分をみた時、

まあまあやってたかも?とかそういうことって多々あるから、

やっぱり常に引きちぎられそうな状況にいつもいたほうがいい。

そのほうが、絶対に楽だ。楽にレベルアップする。

なので、先人の達人には無理してでも絶対ついていこう!

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –