星野誠 makoto hoshino

孤独というエクスタシィを感じに、宇宙を目指す!

2018.9.20

先日未来技術推進協会さんに、宇宙への思いと人生でのチャレンジについて、

インタビューいただいたき、大変うまくまとめていただきました。

ちなみに以下が、未来推進協会さんにの記事の内容です。とっても気に入っています。

 

 

さて、この記事を読んで、

改めて自分の中で感じた「宇宙」「冒険」「挑戦」について

今日はお話させていただきたいと思います。

 

インタビューの中でもふれていた

モロッコの砂漠の月夜で一人感じた孤独感、神聖さは格別だった。

もう20年ほどたった今でもありありとその現場の空気感を思い出す。

そんな最高の砂漠の夜に決めたエベレスト。

実際のエベレストの山頂は、瞑想する時間もなかったし、

そもそも自分にそんな余裕もまったくなかったから、

神聖さなどは、まったく味わえなかったけど、

もし山頂にただ一人で、瞑想でもできたら、神聖さは格別だっただろう。

 

僕は昔から、本当にどうも孤独が大好きで大好きで。

大好きなんだけど、大っ嫌いで、でも大好き、そんなところが昔からあって。

昔は、孤独に浸りたい!! そう思って一人旅に。

バックパックで旅に出る。

 

宇宙という言葉から感じる自分のイメージは、「創造」そして「孤独」

そんな宇宙に思いを馳せる時、よく見る宇宙系の孤独映画がある。

「2001年の宇宙の旅」

「インターステラ」

「パッセンジャー」

「moon 邦題(月に囚われた男)」

「オデッセイ」

 

これらの映画をみては、

宇宙、マジ孤独だな〜、いやだな〜、いやだな〜

と宇宙に実際にいる自分を想像して、

孤独感に襲われては、同時に一人エクスタシィを感じるということを繰り返す。

こんな時の、僕の脳みそには、ズキューンと突き刺すような刺激が走り、

胸はざわつき、瞳孔は開く!

明らかにやばいやつだけど(笑)

こんなことをたまに繰り返している。

 

冒険の醍醐味は、

「生きている実感を求めて、孤独を求めて」これに尽きると思う。

冒険、チャレンジする理由は人からの賞賛じゃない。

自分というものを使い倒して、ガムシャラに追い込めた時、

そんな時に感じられる一瞬のエクスタシィは最高だ。

冒険は、自己中の極み。冒険の醍醐味は孤独。

「冒険の遺伝子」DRD4-7Rが抑えられないっ

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –