星野誠 makoto hoshino

成就と思う所、そのまま道に背くなり

2018.9.13

去年7大陸登頂、エベレストの登頂終わってから、ぽか〜んと穴があいて、

もっと何かをやりたくてしょうがなくなって、

普通のことじゃなあ〜など思っていた自分にふと

「これ繰り返すと、何をやっても満足しないんじゃないか

人生ってエスカレートしていって、これってもう終わることないじゃないか」

「足るを知る」つまりmore and moreから、感謝ベースにしないとしないと!!

と最近ずっと思っていた。

 

ただ、それはそうと、一方で、

江戸時代にまとめられた武士としての心得をまとめられた葉隠に

「修行においては、これまで成就ということはなし。

成就と思う所、そのまま道に背くなり。一生の間、不足不足と思いて、

思い死するところ、後より見て、成就の人なり」(葉隠 山本常朝)

 

元総理の小泉さんもいっていた

「人間これをやりたい、ここまで発達したいという気持ちがあれば、

何歳だって向上できる」(小泉純一郎)

 

いまなお現在進行形 歴史上「この人は」と思う人物は皆そうなのかもしれない。

「どこまでたっても今の自分に満足せず人生を完結しないこと」

これが達人の生き方なのかもしれない。人生に完結ということはない。

人間の花はすぐには咲かない。人生は投げたものしか返ってこない。

そして、その質と量は、その人の真剣度に比例する。

そうなのであれば、やはりいつまでたっても、

真剣に何かを投げ続けるが自分の人生かもしれない。

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –