星野誠 makoto hoshino

世の中をうまく生きなくても「がんばれる子」

2018.4.11

今現在の自分は、結構「がんばれる子」だ。

でもこれって、親の教育のおかげなのかな。

色々と習い事をさせてもらったり、

義務教育や大学にいかせてもらったりと。

自分は、小さいころにサッカーと野球は行けといわれたけれど、

それ以外で、無理に何かをさせられた意識はない。

 

今自分には3人の娘がいる。

子供には何も強要しないでいこうと思っているけれど、

機会だけはジャンジャン与えて、続ける続けないは自分で考えさせる。

それでいいのかな。

 

教育というのはムズかしい。

39歳の今だから、自分自身をある程度、鼓舞する方法はわかるけど、

まだ5歳前後のうちのチビたちには、

やっぱり何かしら親のサポートというものは必要なのか。

 

世の中をうまく生きなくてもいい。

娘たちには自分の決めたことを「がんばれる子」になってほしい。

それを親の自分が何かサポートできるとすれば、

やっぱり好奇心を持たせてあげる。それにつきるのだろうか。

 

そして、好奇心とは、損か得かで考えることとは真逆にあると思う。

うまく生きようと考えると真逆にあると思う。

非日常、無駄、何の意味のないことの中にあるともう。

効率だけを追わずに大きな流れの中で、

娘たちとともに自分も育っていきたいものだ。