星野誠 makoto hoshino

7大陸最高峰登頂まで1105日、3500万の体験を1105円で『素人からの挑戦 Amazon kindle版』

2018.3.9

『素人からの挑戦 Amazon kindle版』

本気で書きました。

「ちょっとエベレストに行ってきます!」と登山のまったくの素人からエベレストを目指し、

実際エベレスト含む7大陸8最高峰までかかった1,105日の本です。

僕のエベレストへの挑戦は、最初は、いや最後まで誰一人信じていませんでした(笑)

たぶんこのブログを2015年の当初にみていた方も、

僕がエベレスト登頂するとは思っていなかったでしょう。

大丈夫です。それが普通です(笑)

この本では、僕の周りの誰も僕がエベレスト登るなど一切信じていない中、

1,105日をどういう道のりで達成してきたのか、どんな出会いがあったのか、

そして「素人からの挑戦」の過程での新たなチャレンジにより生まれる葛藤、

もがきについて書いています。

 

バカのチャレンジ『素人からの挑戦』195ページ

◆STAGE 0
『はじめまして。2019年エベレスト登頂しました(未来系)』(2014年4月日のブログより)

◆STAGE 1 エベレストチャレンジまでの道のり
・部活嫌いで歩くのも嫌い、そんな自分がエベレストに挑戦したワケ
・アイアンマンレースに出場できない?
・「自分を追い込む」のが楽しい
・エベレストに対する気持ちを再確認

◆STAGE 2 心の中で準備ができると、出会うべき人があらわれる
・最強のガイド、倉岡さんとの出会い
・20kgの荷物と5kgの重りでトレーニング

◆STAGE 3 エベレスト制覇の準備と、セブンサミット攻略
・打ちのめされたエルブルース 5,642m
・低酸素トレーニングで何度も失神
・7,000mを無酸素で登れるかどうか、が境界線
・高所登山で必要なもう一つの要素
・高所では自分の状態を把握できなくなる
・山専用のコックさんがいる
・1日5リットルの水を飲む
・最適な「酸素の吸い方」を編み出した
・本当は2度泣いたチョーオユー(コラム)(チョーオユーを登頂した数日後の日記より)
・エベレストからセブンサミットへ
・セブンサミットそれぞれの特徴と難易度
・7割が下山で亡くなる
・セブンサミット挑戦中、常に僕の前にあったもの
・お金をケチると、死ぬ確率も高くなる
・山は本能を研ぎ澄ます

◆STAGE FINAL 突き抜けた本物に出会う旅
・エベレストで「本物」に出会った
・愛すべき“山野郎”たち
・すばらしい「変人」に出会いたい
・宇宙に行くためのステップ
・「本物」に出会う旅
・本物には「バカ」や「アホ」が多い?

◆NEXT STAGE 「宇宙へ行きます!」
・セブンサミットを達成しても、ヒーローなんかじゃないんだぜ
・はじめに2014年のブログを載せた意味

◆”おわりに、そして次のチャレンジのはじめに”

 

 

ちょっと中を一部紹介させていただきますと、

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

挑戦の最中、「無理しないで頑張れ!」とたくさんの方から励ましていただきました。でもその時、心の中で思っていました。

“無理しないでいけるか 馬鹿野郎!無理しなきゃいけるわけねえじゃねえか 馬鹿野郎!」って(笑)

そもそも、無理しなきゃいけないところに行くから冒険なんです。無理しなきゃできないことをするから、挑戦なんです。無理しないでいけるところなんて、ちっとも面白くない。

でも実際の渦中は、めちゃくちゃ辛いです。面白いなんて思っていない。精神病、躁うつ病じゃないかと思うぐらい、辛くもなります(笑)。しかも何度も。自分の弱さに泣き、怯え、逃げたくなります。

ジタバタしまくったあげく、結局「あっ、逃げられない!」と、ふと気づきます。そのときは、自分を受け入れてあげようと思う。そして実際に、自分を受け入れてあげるのです。

抜粋:: 星野誠 “素人からの挑戦”。 iBooks

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんな感じで、いいたい放題いってます。

あと、今回の本をつくるために、対談をさせていただきわかったんですけれど、

やっぱり自分で目指していることって努力と思わないんです。

例えば、エベレスト目指すといった3年前、

同時に香港でお店を作るのに四苦八苦していたんですが、香港中は、仕事もせず(笑)

夜景で有名なビクトリアピークの上の公園まで

自分毎日欠かさず標高差550mほどを登りおりしてました。

高山病は酔っ払った感覚に似ているから、

わざとウィスキーとか飲んでちょー酔っ払ってから深夜1時に一人真っ暗闇を歩いてピーク、

また翌朝、朝一でピーク、とにかく毎日毎日ビクトリアピークの上の公園まで。

なんで思い返すと、香港時代はまったく働いてなくて、

ビクトリアピークにいる時間のほうが長かったです(笑)

あと、日本にても、世界どこにいても常に重りをつけて、

毎日毎日、必ず階段30階往復してたり。

3年間、本当に毎日欠かさず、こういうことしてたんですけど、

自分では特に普通と思ってたんで、今までも人と会っても、

特に話してなかったんです。今回の本ではこんな感じのこと含め色々と書いてます。

あとエベレストの話は、皆様に聞いていただけるんですが、

そろそろ僕も同じこというのに飽きてきたんで(笑)

今後は、まずはちょっとこの本を読んでいただければと思います(笑)

とにかく皆様騙されたと思って、いやむしろ騙されてください!

 

最後にこの本を作るにあたりご協力いただいた村中さん、鈴木 基眞さん、

大変ありがとうございました!

 

もし興味があれば、ぜひぜひご覧になったください。

価格は1105日分を、1日1円換算という超格安??の1,105円です(笑)

これマジ!!素人登山のバイブル〜〜

『素人からの挑戦 Amazon kindle版』

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –