星野誠 makoto hoshino

またなしで「星野亦無」座禅は忘れる訓練。

2018.3.1

自分の師匠は、座禅の先生だ。僕の師匠はすごい。

10年。2ヶ月に一回2時間。10年ずっと。

自分は本当にブレまくるから、ビジネスは勿論、

プライベートのことから、気持ちがモヤモヤしてるなんてことまで、

2ヶ月に一回2時間みてもらう。

で、ブレを修正してもらってまた2ヶ月の間に恐ろしくぶれる。その繰り返し。

つい先日、石田さんとトレイルランナーの鏑木さんとお話で

新たなチャレンジをするためには、すべてを忘れることが大切だ。

そういったことをきいて、すごく何か心にひっかかり、

ここ数日、そのことをかんがえていたら、

今日、自分のお師匠さんからも「すべてを忘れるんだ」とその話をされた。

自分の師匠のさらにお師匠様のお名前が「田里亦無」さんと言ったらしい。

下のお名前は「亦無」と書いて「やくむ」と読む。

意味は漢字の通り、「またなし」という意味。

 

学歴なし。

職歴なし。

禅歴もまたなし。

全てなしで、「亦無 」だって。

なんてカッコいい名前だ!

 

そう心より感動してたら、

師匠より、「お前この名前使っていいぞ!!」て。

すべて無しで、「星野亦無」か。

これすっげーかっこいい!!

 

座禅は忘れる訓練、覚える訓練じゃなく忘れる訓練だって。

過去の栄光を気にすると今燃えられない。

過去の栄光を気にしなければ、今燃えられる。