星野誠 makoto hoshino

良いメガネは生地もいい。バフ負けしない人生を!

2018.2.21

良いメガネは生地もいい。

良いメガネは、バフ仕上げといって、

布、皮など柔軟性のある素材でできた軟らかいバフに、

砥粒を付着させ、このバフを回転させながら押し当てて表面を磨いていく。

するととぴかぴかになるんだけど、

良いメガネは生地がいいから、磨けば光る。本当に光る。

ただ逆に安物のメガネだと生地がよくないから

どんなに生地を磨いても光らない。

バフ負けしてただれてしまう。

バフは、そのときの生地によって、砥粒を変える。

逆に良い生地でも いいバフや砥粒を使わないと光らない。

自分もここ数年、磨かれた。

 

香港 & インドネシア進出、エベレスト、3人の娘と妻などなど

最近の人生での砥粒は、どれも鋭くパワーがあり、自分の生地がバフ負けしそうだった。

香港 & インドネシア進出、エベレスト、3人の娘と妻、

この合わさった砥粒は尖かった。

とにかくバフ負けしない人生を!