星野誠 makoto hoshino

株式会社メルコさん、1991年10年後を示したイメージ映像

2018.2.16

いろいろな人に出会い、いろいろなものを経験することは、本当にとてもよいことだ。

ただ、さまざまな影響を受けると、自分がどこに行こうとしていたのかを見失うときがある。

そんなときは、自分の散らばっている心を一つにまとめよう。心をまとめて出直そう。

自分の信じていないことは絶対相手に伝わらない。

自分の信じていないことを相手に伝えようとすることは無駄だ。

 

株式会社メルコ。パソコン周辺機器「BUFFLLO」ブランドで有名な会社だ。

先日、そちらの会社で創業時から働いていた方にお会いした。

そこでひとつとても印象に残ったるものを見せていただいた。

1991年に作られた10年後のメルコの向かう方向を示したイメージ映像。

株式会社メルコが1991年に上場した際に作られ、

10年後のメルコがどうあるかが詳細にイメージされている。

当時100億の売り上げは10年後には1000億になる、海外中国、ヨーロッパや

多くの箇所に支社、その他さまざまの物事が詳細にイメージされていて、

ほとんどすべてが、年の多少の誤差はあれど、現実になっている。

さらにメルコの牧誠社長もビデオの中では十年後をイメージして白髪に染めている徹底ぶり。

さらにそれをただ作っただけじゃなく、取引先に配って回ったとか!

今の株式会社メルコがあるのは、あそこまで徹底してイメージできた力の効果か。

本当によいものを見せてもらった。自分も自分のイメージを!!