星野誠 makoto hoshino

冬の間中も踊り続けられる、キリギリス代表に!

2018.1.17

ファイナンシャルプランナーとは

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」という (参照 日本FP協会)

 

自分は、そんな、ファイナンシャルプランナーCFP資格保有者だ。

ただし、資格だけもっているだけ、そんなエセCFP資格保有者だ。

そう、サーフィンで言うと、海にも出た事ない陸サーファーもいいところ。

波になんてまったくのったことのない、そんなCFP資格保有者だ。

 

そんな、真面目なファイナンシャルプランナーの僕は決めた。

総合的な資金計画を熟考して、決めた。

保険は今日をもって、すべて解約する。そして今後も入らない。

 

自分の力ではどうにもならないリスクに対処するもの、

リスクヘッジするためのもの、それが保険だ。

 

エベレストにチャレンジする前は、

無理やり色々な保険などに入っていたけれど、それもすべてやめる。

まあ、そもそも自分がこれから目指す宇宙などは、結局、普通の保険じゃきかないだろうし(笑)

 

そもそも、リスクヘッジ?

リスクヘッジってなんなんだ??

 

じつは、この言葉が昔から大っ嫌いだった。

リスクヘッジ、それは間違いなく必要なのかもしれないけれど、

自分の人生はどんどんリスクテイクして、

結果、リスクヘッジなんて必要ない、そんな状況を作りたい。

 

また、本当に必要なお金ならば、きっとどうにかなると思っている。

いや根拠なく信じている(笑)

 

ちなみに皆さまもご存知、有名なイソップ童話の「アリとキリギリス」の原作は、

「夏の間、アリたちは冬の食料を蓄えるために働き続け、キリギリスはバイオリンを弾き、歌を歌って過ごす。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探すが見つからず、最後にアリたちに乞い、食べ物を分けてもらおうとするが、アリは「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだい?」と食べ物を分けることを拒否し、キリギリスは飢え死んでしまう。」らしい

 

そうだろう!うん、そうだろう!

でも、自分は、今日をもって保険はすべてを解約だ。

 

でもって、これからは、保険で支払っていた分は、

毎月、何かしらの革新的な未来のテクノロジーにブッこむことにしよう!

今後、どうなるかなんてまったく想像もできないような、そんなところに、とにかくブッこもう。

 

冬の間中も、自家発電して踊り続けられる、タフなキリギリスを目指そう!!