星野誠 makoto hoshino

運命は自ら招き、境遇は自ら造る

2018.1.10

皆様、こんばんは。誠です。

またこの時間に明日の朝6:30から話す原稿を作ってます

ちなみに夏休みの宿題はいつも、最終日まで残すタイプではなく、

すべて初日に終われせていたタイプです(笑)昔は(笑)

 

 

今日の朝、お話させていただく機会を与えていただいた

皆様大変ありがとうございました。

 

なお、今日お話をさせていただいた際は、

自分としては、お話をしたかった肝心な部分が抜けてしまった感じだったので、

明日は、今日とは、まったく話題を変えて、

「運命は自ら招き、境遇は自ら造る」についてお話させていただこうと思います。

 

じつは、自分は中学の時から、ずっと、ずっと、

何かと、至る場面で、未来の自分に当てて、手紙を書いてきてるんです。

高校生の時は、社会人の自分に向けて。

資格テストなどの勉強を始める前は、テストを終えて合格した自分へ向けて。

エベレストを登りたいと思った際は、すべて7サミットを達成した自分へ向けて。

もう達成した自分に向けて、常に手紙を書いてきていましたし、

今も常にそうしています。

 

明日は、そんな自分自身へ向けて書く手紙についてお話させていただき、

僕なりの「運命は自ら招き、境遇は自ら造る」についてお話させていただきます。

 

それでは、皆様明日もよろしくお願いいたします!