星野誠 makoto hoshino

「やりたいことやる」はイバラの道

2017.11.12

昨日、エベレストを目指していて、

ノースフェイスで現在バイト中の友人 かっつんが家に遊びにきた。

かっつん、すっごくおもしろいんだけど、

そのかっつんと盛り上がった話題のことを今日はちょっと。

「やりたいことやりたい!」っていってくる人は多いんだけど、

実際にやる人は少ないってこと。

 

「やりたいことやりたい!」っていってくる人に、

「本気??本当に本気? じゃあ、やればいい!すぐやればいい!」というと

「え~と、いや、状況が、、お金が,,,,,,ごにょごにょごにょ~~」

と、できない理由を丁寧に説明してくれる

 

なもので、

「そっか、じゃあ今のままでもいいじゃない?」と言うと

それはそれで、

「いや、それは自分的に,,,,,,,,,,,,ごにょごにょごにょ~っ」と

やりたい!という気持ちも説明してくれる

 

なので最後は、

「 「やりたいことやる!」ってほうが、圧倒的に、

 イバラの道っていうの気付いてないみたいだけど、

 やりたいことやるほうがイバラの道だよ!

 でも楽しい、だからそれでもやりたければやればいいし、

 やりたくなければやらなければいいと思う。

 でも、これからは  AI (人工知能)などで普通の人の仕事も減るみたいだから、

 もうやりたいことやっちゃっていいんじゃない? 」

となって いつも終わる。

 

「やりたいことやってきた」自分の感覚としては、

99%痛い。でも1%だけ楽しい。

もう大抵 心も体もボロボロになるけれど、

最後の1%の楽しさは、

もう大穴を引いた時の馬券のように(やったことないけど 笑)

いっきに2000%ほどまで行く時もある。

1% の楽しさが大穴でなく 1%のままなときもたまにあるが、

でも それはそれで痛楽しい(笑)

 

あっ、ちなみに、友人のかっつんは、やりたいことをやりきる派の人です。

さあ、明日もイバラの道を傷だらけになりながら駆け抜けよう!!

みなさまも良い明日を!