星野誠 makoto hoshino

人生はまだまだ素敵だ!!数千円だったマリオが66万ドル(7,300万)で落札!!

2021.4.7

1986年末にクリスマスプレゼントとして購入され机の引き出しの中に入れられたまま35年間放置されていたという、数千円だったマリオがなんと、Heritage Auctions’ Comics & Comic Art Auctionで、66万ドル!7,300万ほどで落札されたという!!

 

 

画像参照Heritage Auctions’

 

どうやら大海に浮かぶ一滴の水を探すぐらい貴重らしいが、これはすごい!!

 

以下、Heritage Auctions’サイト参照

“このコピーは1986年末に製造されたもので、シールではなくプラスチックのシュリンクが施された最も古いコピーの1つです。McLeckieは言う。”1987年の初めには、任天堂はオリジナルのパッケージに別の新しいバリエーション(追加の「コード」)を加えたバージョンを生産していました。このコピーの製造期間は非常に短いので、同じ製造期間で同じような状態のコピーを見つけることは、大海に浮かぶ一滴の水を探すようなものです。絶対にないとは言い切れませんが、できない可能性の方が高いでしょう」。

非常に短い期間しか生産されなかったこのタイトルのバリエーションの中でも、特に優れた作品です。その希少性に加え、保存状態の良さも魅力のひとつです。ヘリテージオークションに出品されたブラックボックスタイトルの中で、ミシン目入りの厚紙で封印された最高級品であるだけでなく、ヘリテージが出品した『スーパーマリオブラザーズ』の中で最も古い工場封印品でもあります。

1986年といったら、自分も普通にマリオで遊んでいたし、版などは違うし希少性もまったく違うけれど、まさかファミコンのソフトがこんなことになるとは!!これは本当にすごい!!

本の初版がものすごい値段になるようなものか? 本当に面白い!!! こういった一見なんのためになるのかわからないものに熱狂している人を見ると、人生ってまだまだ面白いなと嬉しくなるっ!!

 

ちなみに、アンティークコインなどのオークションでも有名、ヘリテージオークションズは、米国で設立された最大のファインアートおよびコレクターズアイテムのオークションハウスで、オークションサイトHA.comには、140万人以上の入札者会員が登録されており、500万件の過去のオークション記録が検索可能で、落札価格、説明文、拡大可能な写真が掲載されたアーカイブが無料で提供されている。

 

参照元 「Heritage Auctions’ Comics & Comic Art Auction」

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –