星野誠 makoto hoshino

助成金はモルヒネ。コロナで危なく道を誤ることに

2021.3.5

うちはメガネ屋だ。そして、通常のお店には、あまりない色々なメガネがおいてあるメガネ屋だ。それで13年ほどやってきた。なのに、最近コロナの渦にまかれて、危なく道を謝りそうになっていた。

日々のスタッフがどこまで何をやったか?というルーティンに気を取られて、一番重要なうちのメガネ屋の要素「ワクワク」を殺すところだった。

政府からの助成金はモルヒネ。過度な値引きもモルヒネ。

一時的なものでしかなく、そんなものでは、まったく意味を成さない。

本当に危ない、危ない。

それに気づくことができた素晴らしい本がこちら

もし、あなたが、お店をやっているのでしたら、すぐさま必読を心からお勧め!!

「「顧客消滅」時代のマーケティング ファンから始まる「売れるしくみ」の作り方 (PHPビジネス新書)」

 

 

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –