星野誠 makoto hoshino

イスラエルの企業が開発「3Dプリンターでリブアイ肉」

2021.2.25

イスラエルの企業が開発「食べたいものが一瞬で出てくるマシーン」

SFだと、食べたいものをいれたら、一瞬でその食べ物が出てくるようなシーンが昔からあるけれど、ついにその一歩、「イスラエル企業が3Dプリンターで培養リブアイ肉開発」!

イスラエルの企業、アレフ・ファームズ(Aleph Farms)とイスラエル工科大学が、3Dバイオプリンティング技術を用いた培養リブアイステーキ肉を世界で初めて開発に成功とのこと。ちなみに同じくイスラエルの人造肉の企業、リディファイン・ミートが3Dプリンターで作ったステーキ肉はイスラエルで広く実食テストが行われ、高い評価を受けたらしい。さらにイスラエルで行った目隠し検査では、リディファイン・ミートの製品と本物の肉を区別できなかった試食者が90%に上ったようで、味もとても良いらしい。

ちなみに3Dプリンターの材料は、もちろんインクやプラスチックではなくて、細胞で、まず生きた細胞を3Dプリントし、その後、血管のようなシステムで成長させ、本物のステーキ肉のように筋肉や脂肪分を含む培養肉をつくり出したらしい。

なんてこった!!これはもう完全に「銀河ヒッチハイクガイド」などSFの宇宙船などに乗っているマシーンじゃないか!!

そして、もう本当に食べるためには、植物も、動物もいらなくなるじゃないか。

すごい世界になってきたなあ。

 

元記事「イスラエル企業が3Dプリンターで培養リブアイ肉開発(ForbesJapan)」

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –

– 自己紹介 インタビュー –