星野誠 makoto hoshino

『ATEM Mini Pro- Blackmagic Design 』ライブには、HDMIクリア出力が必須だった

2020.7.21

現在お店でもライブ配信をどんどんしていこうといろいろと調べているのだけれど、まず買ったのがこちら。ATEM Mini Pro- Blackmagic Design。これは現在在庫がどこも完売、まったく売っていないのだけれど、昨日たまたま1つ手に入れることができて、今日はATEM Mini Pro- Blackmagic Designをいじっていた。来てみてわかったのだけれど、今までYouTubeなどで動画をあげてはいたけれど、ライブなどはまったくしてこなかったから対応するカメラがない。というか、HDMIクリア出力というものが重要なんて初めて知った。HDMI出力できるものは結構多いのだけれど、HDMIクリア出力というものがカメラにないと、画面の表示。つまり液晶に映し出されている音量やら明るさやらもすべてライブでも全部出てしまう。これは今日実際ATEM Mini Proを触っていて初めて気づいた。

またカメラも今自分がもっているソニーの一眼カメラは30分で一度録画が切れるのだけれど、これって30分超えちゃうと、ヨーロッパではビデオカメラとみなされて、関税が高くなってしまうので、わざと30分以上続けて録画できないようにしていたこととか(なお今年のその関税撤廃されたので、今後一眼も30分以上動画とれるものどんどん出てくる方法とのこと)動画では、PanasonicのGH5という一眼は、HDD 4:2:2 10bitで撮影、さらに30の制限なく動画撮れる、ソニーのα7Ⅲは4:2:0 8bitの撮影で、30分制限あるので、オートフォーカスはやいけど、その点がライブには不向きとか。

中島聡さんのメルマガに、教育には二種類あって、算数、国語のような「基礎知識」を付けさせるものと、音楽や美術のように「様々な体験」を提供するものとがあると書いてあったけど、やっぱり何事も実際やってみないと学べないなあ。

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –