星野誠 makoto hoshino

鼻の上に腐ったリンゴ、そんな時名作が生まれた。

2019.4.29

様々な状況での、様々なインスピレーション。

18世紀に活躍した詩人のシラーは

鼻の上に腐ったリンゴを持ってきて匂いを嗅ぐことが好きで、

そんな時に彼の名作が生まれたという。

 

基本、一人の状態こそ想像力が芽生える。

孤独の状態にあるときに想像力が芽生える。

孤独は定期的に感じたほうがいい。

孤独はとっても大切だ。

一方で、人は人によって鍛えられるところもあるから、

あえて性格の合わない人とつきあうことも大切だ。

わざとストレスを感じる。

まったく違う意見の人とつきあう。

多種多様な人の中で過ごす。

子供は小さいうちから、私立校などで

同じようなレベルの人の中ですごすより、

公立校で、ある程度多種多様でいったほうがいい。

話がまったく通じない人がいるというもわかったほうがいい。

 

カテゴリー

– Archives –

– Will go to Mars Olympus –

– next journey Olympus on Mars through Space Travel –